基礎知識

たんぱく質の摂取のために1日に肉を400g⁉

 

先日、知人が

食事改善のセミナーを受けたそうなんです。

 

そこで言われたのが、

「若い女性はたんぱく質が足りていない」

だったそうで、彼女は、

「1日に必要なたんぱく質量って、お肉400 gになるんだね。」

という感想を伝えてくれました。

 

肉400 g!!

 

その説明が、お肉を400 g食べましょう、だったのか、

詳しいことは聞けなかったのですが、

そんな感想を頂かせてしまった説明方法は、

あまりよくないのではないか、と感じました。

 

たしかに、30歳代の女性が

目標量程度のたんぱく質を摂取しようとすると、

肉400 g分くらいになります。

 

ですが!

たんぱく質=肉という単純な式が

成り立つわけではありません。

 

そういえば、佐々木敏著「データ栄養学のすすめ」の

第5章の4でも

カルシウム=乳製品が成立しないことを例に挙げ、

「食品と栄養素を安易に結びつけると、

たいせつな食べ方を見落としてしまう」

とあります(文献1)。

 

実際、日本人のたんぱく質の摂取源として

最も高い割合を占めている単品の食品はごはんです(文献2)。

 

それに、100gあたりでたんぱく質を多く含む食品といえば、

肉以外に魚や卵、豆類もあります(文献3)。

 

ちょうど、今年の4月に

コープこうべさんの機関紙「くろまと」のコラムで、

1日に食べておきたいたんぱく質量と

それを摂取するために参考になる献立の組み合わせの考え方を

紹介したところでした(文献4)。

くろまとVol.75「1日に食べておきたいたんぱく質ってどれくらい?」

 

冒頭の彼女にはこのコラムを紹介し、

お肉だけで1日のたんぱく質を摂取しようとすると

飽和脂肪酸の摂りすぎなども心配なので気を付けてね、

と説明したところ、

納得した様子でした。

 

また、豆類などにたんぱく質が入っているのは

イメージしていたけれど、

ごはんやパンからも摂れるというのは

意外だった、とのことでした。

 

「食品○○には栄養素△△が入っている」といっても

その栄養素だけが入っているわけではないし、

その量は食品○○の重量全体の一部でしかありません。

 

「食品○○より食品××のほうが栄養素△△が多い」といっても

1日に食べる量は食品××より食品○○のほうが多いのであれば、

食品○○のほうが栄養素△△の大きな供給源になることもあります。

 

単純化した情報は誤解を生みやすく、

実際の食生活改善に活用できるような情報提供の方法には

工夫が必要であることを

考えさせられた出来事でした。

 

 

本物の「信頼できる食情報」がどういうものか

知りたい方はこちらにご登録ください!

 

 

【参考文献】

  1. 佐々木敏. データ栄養学のすすめ. 女子栄養大学出版部. 2018.
  2. Sasaki Set al. J Epidemiol 2003; 13: S23-50.
  3. 文部科学省. 日本食品標準成分表2015年版(七訂).
  4. 生活協同組合コープこうべ商品検査センター機関紙「くろまと」vol.75.

 

 

-基礎知識
-, , ,

Copyright© HERS M&S , 2020 All Rights Reserved.